慰謝料の3つの基準と計算方法

日々の生活の中で自分自身が被害者にも加害者にもなる可能性が高いと言われている交通事故は、どちらになっても様々なトラブルを発生させる恐れがあるため、確かな知識を持って接することが大切となります。 その中でも特にトラブルになりやすいのが交通事故の慰謝料です。怪我の有無だけではなく破損など何かしらの形で請求されることが多く、請求額に関しては相手方がどの程度の被害を受けたのかによって大きく異なってきます。 そんな慰謝料には3つの基準があり、それぞれの基準によって計算方法が異なります。一つは自賠責基準であり、計算方法は実通院日数×2もしくは治療期間のいずれか少ない方に4200円を足したものとなります。二つ目は任意保険基準で、設定されている表を基準にして計算されます。そして三つ目は弁護士基準のもので、こちらの場合も慰謝料表と呼ばれるものがあり、その範囲内で請求することが可能となっています。 いずれにしても、根拠や限度が必要となってくる計算方法となります。

プロに頼んでしっかり解決